奔驰s400l京都杂谈(五)-料亭十二初

京都杂谈(五)-料亭十二初上山安娜
-日本にいる時、いつも何かを失くした気がする。
何を失くしたの?
-自分自身摸乳募捐。自分という名のものを失くした李生论善学者。宗一童元々は自己中で、外の世界につながりを求め続けた鲍毓麟。でも今は自分というものがすでに身の周りの世界に溶け込んでいる。
じゃ、失くしたというより見つけたといった方がいいかな独尊品香录。自分というものはそもそも存在しないし、自分とは「自分と繋がっている外の世界そのものだから」
在日本时闫姓起名,总觉得少了什么
-所以到底少了什么呢楼德吧 ?
那个名为自我的事物消弥了。曾经我以自我为中心风起紫罗峡,向外界寻找关联。如今却这个自我已然发散,融入了身边万物中秀才屋 。
-那么与其说是失去了,不如说是找到了岳家将 。毕竟自我并不存在刘立福,它只是与自身有联系的外界事物的总和杀戮一代。奔驰s400l
I can feel that something is missing in Japan.
-So水阙仙班 , what is it黑谷忍?
The self, my connections to the world used to be centred around it, but now I have it abrogated汕大百事通, apportioned精武堂 , and dispersed into everywhere.
-So you hadn't lost it, you found it. The self never existed, but by the congregation of memories, you have it created.
2014-10-15 | 热度 67℃ 全部文章 | Tags: